日刊工業新聞 購読・試読のお申し込みへ
日刊工業新聞 購読・試読のお申し込みへ

読んで役立つ3つのポイント

ライバル企業の動きを知る!

本社・支社・支局の全国45拠点の記者が足で稼いだ情報を、毎日、約250本の記事にして届けます。中でも中小企業の情報は他紙を圧倒しています。競合他社の動きを把握して新戦略を描いたり、連携したり、1本の記事がきっかけになるかも。

産業界のトレンドをつかむ!

人工知能(AI)をはじめとするテクノロジーの進歩、国連の2030年目標「持続可能な開発目標(SDGs)」などを受け、産業界はパラダイムシフトを迎えました。これからの時代を読み解くトレンドを、わかりやすく解説します。

キーパーソンの声を聞く!

大企業の経営者はもとより、産官学の有識者らのインタビューや寄稿、コラムが盛りだくさん。時代の先頭を走るキーパーソンは何を考え、何をしようとしているのか-。その一言にビジネスチャンスが隠れています。

今日のトップニュースは、
「ゴーン容疑者ら再逮捕 報酬過少記載3年分追加 」
だよ。

総合面
柄澤康喜
「広角」
MS&ADインシュアランスグループ
ホールディングス株式会社
取締役社長 グループ CEO
(三井住友海上火災保険株式会社 会長)
柄澤 康喜

経団連の女性の活躍推進委員会委員長として「ダイバーシティ&インクルージョン」「女性活躍」の重要性について提言する。また、国連の2030年目標「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマに、レジリエントでサステナブルな社会の構築への道筋、気候変動・大規模自然災害への対応などを語る。

建設・エネルギー・生活
「挑戦する企業」 キリンホールディングス
共有価値の創造(CSV)を経営の根幹に位置付け収益構造改革を推し進めるキリンホールディングス。“新たな価値を育む、麒麟の進化”を追う。
電機・電子部品・情報・通信
「線から面へ~車に挑む古河電工」
自動車産業に押し寄せるCASEの波。“車に載る”をテーマに先進運転支援システム関連事業を拡大する古河電気工業の戦略を探る。
中小・ベンチャー・中小政策面
「企業価値新時代」
売上高や就労条件だけでは計れない、社会や顧客が必要とする「企業価値」を持った中堅・中小企業の取り組みや事業展開をリポートする。

わたしの日刊工業新聞活用法

日刊工業新聞はビジネスに役立つの?こうした疑問を持つ人も少なくないでしょう。
全国の中小企業の経営幹部らに、どう活用しているのかを聞きました。

バックナンバー

読者サービス

日刊工業新聞は読むだけの新聞ではありません!あなたの会社の情報を発信します。
購読者限定サービス「わが社のモットー」「読者ニュース便」を利用してください。
詳細は下記バナーをクリック!

わが社のモットー

読者ニュース便

よくあるご質問

Q.購読料はいくらですか?

A.1カ月4,721円(本体4,372円、消費税349円)です。

Q.発行日は毎日ですか?

A.月曜日から金曜日の週5日間です。祝日も発行しています。

Q.新聞休刊日はいつですか?

A.2018年の新聞休刊日一覧をご覧ください。

Q.購読の申し込みは新聞販売店でもできますか?

A.できます。取り扱っている新聞販売店については、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.購読申し込み後、配達開始はいつからですか?

A.原則、月末までにいただいたお申し込みは、翌月1日付の新聞から配達いたします。翌日からの配達等を希望される場合は、フリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.購読料の支払い方法は?

A.購読料は配達を担当している新聞販売店にお支払いいただきます。「クレジットカード払い」「口座引き落とし」「銀行振り込み」「訪問集金」などがございますので、新聞販売店にお問い合わせください。また新聞販売店が不明の場合は、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.日本全国で購読できますか?

A.できます。一部配達が遅れる地域、郵送になる地域がございますので、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.外国でも購読できますか?

A.できます。株式会社OCSにお問い合わせください。

Q.新聞販売店で購入できますか?

A.できます。料金は1部230円です。取り扱っている新聞販売店については、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.バックナンバーを購入できますか?

A.できます。料金は1部230円です。本社(フリーダイヤル0120-412-346、電話03-5644-7251)にお問い合わせください。また縮刷版のCD-ROM・DVDも用意しています。詳細は縮刷版のCD-ROM&DVDのサイトをご覧ください。

Q.配達の一時休止(取り置き)はできますか?

A.できます。年末年始や大型連休などでご不在の際、休止期間中の新聞を取り置き、配達再開時にまとめてお届けします。手続き等は配達を担当している新聞販売店にお問い合わせください。また新聞販売店が不明の場合は、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.転居するときの手続きは?

A.転居する5日前までに、お問い合わせフォームフリーダイヤルでその旨、ご連絡ください。引き続き購読できるように転居先の新聞販売店に取り次ぎます。

このほかご不明の点がございましたら、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

日刊工業新聞社の事業

フレッシャーズ論文 参加企業募集

日刊工業新聞 南大阪支局 工場ものがたり

モノづくりのまち[東大阪]