日刊工業新聞 購読・試読のお申し込みへ
日刊工業新聞 購読・試読のお申し込みへ

読んで役立つ3つのポイント

ライバル企業の動きを知る!

本社・支社・支局の全国45拠点の記者が足で稼いだ情報を、毎日、約250本の記事にして届けます。中でも中小企業の情報は他紙を圧倒しています。競合他社の動きを把握して新戦略を描いたり、連携したり、1本の記事がきっかけになるかも。

産業界のトレンドをつかむ!

人工知能(AI)をはじめとするテクノロジーの進歩、国連の2030年目標「持続可能な開発目標(SDGs)」などを受け、産業界はパラダイムシフトを迎えました。これからの時代を読み解くトレンドを、わかりやすく解説します。

キーパーソンの声を聞く!

大企業の経営者はもとより、産官学の有識者らのインタビューや寄稿、コラムが盛りだくさん。時代の先頭を走るキーパーソンは何を考え、何をしようとしているのか-。その一言にビジネスチャンスが隠れています。

今日のトップニュースは、
機械要素部品、内外で設備増強継続 5Gなど技術革新に期待
だよ。

4月に新紙面「SDGs面」「国際面」をスタートします。国連の2030年目標「SDGs(持続可能な開発目標)」を受け、産業界はパラダイムシフトを迎えています。SDGs面では環境対策をはじめとする産官学のさまざまな活動を横断的に紹介します。また、産業界を取り巻く国際情勢は、米中貿易戦争などによって劇的に変化しています。国際面では通商・貿易政策の行方、新たなグローバル時代に差し掛かった日本経済、日本企業の課題や実像に迫ります。ご期待ください。

SDGs面(金曜日)

「日本を変える17Goals」

経済や地域社会のあり方を変えるSDGs(持続可能な開発目標)への企業、自治体、大学の取り組みを紹介します。


日刊工業新聞社は「SDGメディア・コンパクト」の創設メンバーです!

SDGsは、国連で決められた国際社会共通の目標です。社会、経済、環境が抱えるさまざまな課題を解決するため、2030年までに達成すべき17ゴール・169ターゲットが掲げられています。日刊工業新聞社はSDGs達成を支援する「SDGメディア・コンパクト」の創設メンバーです。報道・出版・イベントなどを通じ、「産業と技術革新の基盤をつくろう」を応援しています。

国際面(火-金曜日)

「グローバルの眼」

激動する世界を12人の専門家が鋭い視点で分析し、グローバル経済の鼓動をタイムリーに伝えます。


おもな寄稿者(順不同)

滝井光夫 氏 (桜美林大学名誉教授)
小島末夫 氏 (国際貿易投資研究所客員研究員)
酒向浩二 氏 (みずほ総合研究所アジア調査部上席主任研究員)

山崎真二 氏 (時事総合研究所客員研究員)
森若幸次郎 氏 (シリコンバレーベンチャーズ社長兼CEO)
中島 恵 氏 (フリージャーナリスト)

総合面

「つなぐ-時代・世界・経済」 第4部・平成の宿題

平成時代に実現できなかったデフレ脱却、国土強靱化、財政健全化、環境問題などの課題と行方を分析し、新時代に託す「宿題」を検証します。

「広角」

明治安田生命保険 取締役代表執行役社長 根岸 秋男 氏

超高齢化社会を迎えようとする中、健康寿命の延伸を支える生命保険会社としての役割を説く。女性活躍や65歳定年制といった「働き方改革」による多様な人材活用の重要性も指摘。また平成の生命保険業界を振り返りつつ、新たな時代を展望する。

根岸 秋男氏

パーソン面(月曜日)

「卓見異見」

多士済々の執筆陣が“日本の今”を説きます。

根津育英会理事長 根津 公一 氏

99年東武百貨店社長、15年名誉会長。02年から根津美術館理事長、06年から根津育英会理事長を務める。

根津 公一 氏

クレアン社長 薗田 綾子 氏

88年にクレアンを設立。NPO法人サステナビリティ日本フォーラム事務局長、日本ユニシス社外取締役などを兼務。

薗田 綾子 氏

法政大学デザイン工学部教授 西岡 靖之 氏

96年東大院工学系研究科博士課程修了、同年東京理大理工学部助手。03年法政大工学部教授、07年同デザイン工学部教授。

西岡 靖之 氏

地球環境戦略研究機関(IGES)理事長 武内 和彦 氏

東大院農学生命科学研究科教授、国連大上級副学長などを経て17年より現職。中央環境審議会会長、日本学術会議副会長なども務める。

武内 和彦 氏

機械面

「中国・工作機械市場のいま-CIMTに見る最新動向」

中国経済の変調が日本企業にどのような影響をもたらすのか-。4月15日に中国・北京で開幕する「中国国際工作機械見本市(CIMT)」で探ります。

素材面

「挑戦する企業」 大陽日酸

産業ガス国内トップの大陽日酸は海外同業から欧州、米国事業を相次いで買収した。アジア発グローバルメジャーの挑戦を追います。

生活面

「変わる駅」

都市再開発やインバウンドの急増、高齢化、情報通信技術(ICT)の進展などにより、大きく姿を変え始めた鉄道駅の姿を活写します。

科学技術面

「研究開発法人トップに聞く」

技術革新のけん引役、基礎研究の担い手である国立研究開発法人。産業技術総合研究所(産総研)などの理事長に2019年度の課題と方針を聞きます。

わたしの日刊工業新聞活用法

日刊工業新聞はビジネスに役立つの?こうした疑問を持つ人も少なくないでしょう。
全国の中小企業の経営幹部らに、どう活用しているのかを聞きました。

バックナンバー

読者サービス

日刊工業新聞は読むだけの新聞ではありません!あなたの会社の情報を発信します。
購読者限定サービス「わが社のモットー」「読者ニュース便」を利用してください。
詳細は下記バナーをクリック!

わが社のモットー

読者ニュース便

よくあるご質問

Q.購読料はいくらですか?

A.1カ月4,721円(本体4,372円、消費税349円)です。

Q.発行日は毎日ですか?

A.月曜日から金曜日の週5日間です。祝日も発行しています。

Q.新聞休刊日はいつですか?

A.2019年の新聞休刊日一覧をご覧ください。

Q.購読の申し込みは新聞販売店でもできますか?

A.できます。取り扱っている新聞販売店については、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.購読申し込み後、配達開始はいつからですか?

A.原則、月末までにいただいたお申し込みは、翌月1日付の新聞から配達いたします。翌日からの配達等を希望される場合は、フリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.購読料の支払い方法は?

A.購読料は配達を担当している新聞販売店にお支払いいただきます。「クレジットカード払い」「口座引き落とし」「銀行振り込み」「訪問集金」などがございますので、新聞販売店にお問い合わせください。また新聞販売店が不明の場合は、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.日本全国で購読できますか?

A.できます。一部配達が遅れる地域、郵送になる地域がございますので、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.外国でも購読できますか?

A.できます。株式会社OCSにお問い合わせください。

Q.新聞販売店で購入できますか?

A.できます。料金は1部230円です。取り扱っている新聞販売店については、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.バックナンバーを購入できますか?

A.できます。料金は1部230円です。本社(フリーダイヤル0120-412-346、電話03-5644-7251)にお問い合わせください。また縮刷版のCD-ROM・DVDも用意しています。詳細は縮刷版のCD-ROM&DVDのサイトをご覧ください。

Q.配達の一時休止(取り置き)はできますか?

A.できます。年末年始や大型連休などでご不在の際、休止期間中の新聞を取り置き、配達再開時にまとめてお届けします。手続き等は配達を担当している新聞販売店にお問い合わせください。また新聞販売店が不明の場合は、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

Q.転居するときの手続きは?

A.転居する5日前までに、お問い合わせフォームフリーダイヤルでその旨、ご連絡ください。引き続き購読できるように転居先の新聞販売店に取り次ぎます。

このほかご不明の点がございましたら、お問い合わせフォームフリーダイヤルでお問い合わせください。

日刊工業新聞社の事業

フレッシャーズ論文 参加企業募集

日刊工業新聞 南大阪支局 工場ものがたり

モノづくりのまち[東大阪]