TODAY

2018.03.08

2018年3月8日(木)付日刊工業新聞紙面インデックス

キャプチャ

(34面) 深層断面

 東芝メモリ

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却が3月末に最終局面を迎える。だが、物言う株主による売却反対や顧客企業からの資本受け入れに伴う懸念など、東芝メモリが〝普通の会社〟になるまでのハードルは高い。


(08面) ナガト、広島市南区に金属熱処理の新工場を建設

 設備が老朽化したため移転し、処理能力も約2割増やす


(09面) 凸版印刷、労災を削減するための研修施設「安全道場」を中国とタイに新設

 米など海外拠点に展開


(13面) 2017年の紙・板紙輸出、前年比15・8%増の158万7000㌧で過去最高に

 中国や東南アジアの新興国でも段ボール原紙需要が高まる


(23面) 四年生大学の「空白地」だった石川県南加賀地区に4月、小松市が設置する公立大学法人「公立小松大学」が開学

 地域の自治体、企業と交流・連携した教育を通じ、高度な専門能力を持つ職業人の育成を掲げる


 インタビュー

(05面) TCK社長・小坂光二氏

(06面) 自動車総連会長・高倉明氏

       日本自動車工業会労務委員会・尾高和浩氏

(11面) 大日本住友製薬社長・多田正世氏

(19面) 沖縄銀行頭取・玉城義昭氏

(23面) 日本機械学会会長・大島まり氏


(05面) サンデンホールディングスの子会社で自動販売機事業などを展開するサンデン・リテールシステム、IoTを活用した「ふるさと納税自販機」を開発

 ふるさと納税の返礼品を選択して表示された金額を入れると、返礼品の生産者や配送者に情報が伝達

キャプチャ


(06面) トヨタ、16年ぶりに復活させたスポーツ車「スープラ」のレーシングコンセプトモデルをスイスのジュネーブモーターショーで公開

 提携する独BMWと共同開発し、ベース車両は2019年前半の発売を予定(画像は、コンセプト車「GRスープラ・レーシング・コンセプト」)

キャプチャ


(07面) CKD、米保守拠点を拡張

 従来は一部を日本に頼っていた流体制御機器などのアフターサービスの一貫体制を整備


(22面) 産業技術総合研究所、人工知能(AI)技術を工場や小売りなど、さまざまな産業の利用シーンで試す「テストベッド事業」を2018年度に開始

 工作機械や半導体製造装置を配置した工場、コンビニなどを再現した環境を用意

 

バックナンバー