日刊工業新聞社 販売局

TOPICS 更新情報

TODAY

2017.11.14

2017年11月14日(火)付日刊工業新聞紙面インデックス

キャプチャ

(34面) 深層断面

 中小企業の事業承継

 今後10年で70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人。うち約半分の127万人が後継者未定だという。大量廃業の危機が目の前に迫り日本は「大事業承継時代」を迎えいる。中小企業経営者からは税制改正を含め、政府支援を求める声が相次いでいる。


(11面) シーシーエス、福岡と熊本の両市に画像処理検査向け発光ダイオード(LED)照明の効果を検証できるテスティングルーム(実験室)を新設

 九州地域の顧客が迅速に検証できる体制を整備し、顧客への支援を充実させるのが狙い


(12面) KDDIとKDDIコマースフォワード、電子商取引(EC)サイト「ワウマ」で利用者が商品の配送日時を指定できる機能を拡充

 今後はサイトの利便性を高める機能を追加して、利用者を増やす


(15面) テルモ、M&A(合併・買収)後、世界30工場間との連携して生産の最適化に着手

 心臓血管領域のカテーテルなどが好調な中、事業の横串を指すことで総合力の発揮につなげる


(28面) ミルウス、IoT向け電子証明書に対応したメモリーカードを開発

 健康データをデジタル署名などで暗号化し、情報の改ざんなどから守る


 インタビュー

(06面) シブヤ・マシナリー社長・渋谷茂氏

(10面) 安川電機社長・小笠原浩氏

(25面) WiL共同創業者・伊佐山元氏


(20・21面) モノづくり日本会議


 決算まとめ

(09面) 伝動ベルト

(17面) 非鉄

(25面) 異業種参入銀行/信販


(11面) OKI、高度道路交通システム(ITS)関連ビジネス拡大に向け、埼玉・本庄工場にITSテストコースを開設

 料金自動収受システム(ETC)の無線通信技術を使い、逆走車の検知や、自動車と歩行者の位置を検出(画像は、ETCの無線技術を使った逆走検知技術のデモンストレーション)

キャプチャ


(17面) 三菱ケミカル、ミャンマーで水質分析事業を強化

 同国は成長著しい新興国だが、生活を支える上下水道システムの整備が大きな課題(画像は、三菱ケミカルグループのウェルシィ(東京都品川区)がミャンマーに設立した合弁会社の分析室)

キャプチャ


(10面) シンク・ラボラトリー、5色を毎分40㍍印刷できるインクジェットプリンターを開発

 大手印刷会社や食品メーカーへの導入が決まっており、2017年内の出荷を目指す


(27面) 豊橋技術科学大学、作業者に付き添って移動し、花卉(かき)などの収穫物を集める農業支援ロボットを開発

 農業の作業効率化への貢献を図る

最新の記事

記事一覧を見る

カテゴリー