日刊工業新聞社 販売局

TOPICS 更新情報

TODAY

2017.10.11

2017年10月11日(水)付日刊工業新聞紙面インデックス

(32面) 深層断面

 神鋼―検査データ改ざん

 神戸製鋼所によるアルミニウム、銅製品の検査データ改ざん問題が波紋を広げている。自動車、鉄道、重工業など、納入された業界は幅広く、製品・用途によっては難しい対応が必要となりそうだ。(画像は、真岡製造所の冷間圧延設備。今回のデータ改ざんで投資計画や成長戦略への影響が懸念される)

キャプチャ


(08面) 知能技術、AI技術で2次元のカメラ画像から3次元距離を推測するシステムを試作

 2018年内に自社の工場向け保安用ロボットやサービスロボットなどへ導入


(11面) 東商技研工業、バレル研磨によるチタンの鏡面加工事業に乗り出す

 植物系の研磨剤を使ってバフ研磨と同等の仕上げが可能な手法を確立し、医療分野の需要開拓に力を注ぐ


(15面) みらい翻訳、自社の深層学習による機械翻訳機能を2018年度にも外部の企業に開放し、外部へ接続できるシステムを開発

 多様な分野のパートナー企業と連携し、先ずは日本語と英語の翻訳サービスから開始


(16面) 日建ハウジングシステム、LIXILと共同で、微細な木質繊維(パルプ)であるセルロースナノファイバー(CNF)を使った建材の開発・性能評価に取り組む

 外壁などにCNF複合材料の適用を試み、既築の集合住宅に施工して断熱材や強度を比較検証


(29面) 東京大学、温度と光量、湿度の3条件を別々に制御できる耐候試験装置を開発

 ウレタン樹脂塗料などの建材の劣化メカニズムを発見し、環境条件を制御できる各劣化反応を精緻に検証が可能に


(30面) さいしんコラボ産学官、大企業などの開放特許を活用する埼玉県内の大学生らの商品アイデア創出と、中小企業による商品化を支援

 川越市で商品アイデア創出の発表会を開き、学生と企業のマッチングを図る


(29面) インタビュー

 大阪大学特任教授・難波啓一氏


(08面) 新連載

 広がるロボット活用


(14面) モノづくり日本会議


(03面) 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、「みちびき」4号機打ち上げ成功

 2018年度から本格的な衛星測位サービスの提供を開始(画像は、「みちびき」4号機を載せたH2Aロケット36号機〔三菱重工/JAXA提供〕)

キャプチャ


(07面) マツダ、次世代技術に関する説明会を開き、次世代ガソリンエンジンや車体設計技術について解説

 プラグインハイブリッドなど開発中の電動化技術とも合わせ、2021年以降には世界各国の市場に提供(画像は、小飼社長と次世代エンジン「スカイアクティブ−X」)

キャプチャ


(09面) 城洋、約50億円を投じ、鳥取市に新工場を建設

 射出成形機用シリンダーの増産と、新規事業として取り組む航空機エンジン関連部品の量産体制を構築


(22面) NTT西日本、大阪府吹田市の社員研修施設跡地を再開発し、2020年にも複合施設を開設

最新の記事

記事一覧を見る

カテゴリー