日刊工業新聞社 販売局

TOPICS 更新情報

連載紹介

2018.02.08

【新連載】 中小企業をラオスに 西松建設、工業団地を開発・運営(上)高まる地元の期待

キャプチャ

 日系専用特区で事業参画

西松建設がラオス南部の都市、パクセーで工業団地の開発・運営に力を入れている。工業団地はラオス政府の経済特区にあり、進出企業は税制などで優遇される。特徴は日系中小企業専用の特区であることだ。ラオス政府は低賃金を武器に日系中小企業を誘致し、雇用創出や人材育成につなげたい考え。一方、西松建設は発展途上のラオスで、開拓者として工業団地の開発・運営を軌道に乗せ、事業拡大を目指す。現地の事情を報告する。

(上)は、2018年2月8日 建設・エネルギー・生活(15)面に掲載

最新の記事

記事一覧を見る

カテゴリー